結婚式の撮影なら渋谷写真館プロのカメラマンにおまかせ

土日・夜間も対応いたします!!
夜間対応は24時までとなります。

お電話でのお問い合わせ03-5738-5200

  • お電話でのお問い合わせは03-5988-9800
  • メールでのお問い合わせ
結婚の豆知識
結婚の豆知識
まずは挙式の日取りを。準備期間は余裕をもって。
婚約が整ったら、なるべく早く挙式と披露宴の日取りを決めましょう。
いろいろな準備や打ち合わせの期間は、短く見ても半年くらいは必要です。無理に短期間で準備を進めると、両家が十分話し合うことができずに、納得できないまま当日を迎えることにもなりかねません。
あとは気に入った会場と、日にちの折り合いがつくかどうかの問題です。
正式な教会や神社の場合は、挙式が可能な日にちや曜日を限定している場合もあり、また、人気の高い式場で祝祭日や吉日など人気の集まる日となると、1年ぐらい前から予約でいっぱいということもあります。
縁起やしきたりにとらわれすぎずに、自分たちの好日を選びましょう。
ふだんは縁起のよし悪しを気にしない人でも、結婚式の日取りとなると、やはり「大安」の吉日を希望する人が多いようです。
予約の多いオンシーズン(4月・5月・6月・10月・11月)で、しかも土・日・祝日の吉日となると、結婚式の予約は集中します。
しかし、実際うまく予約が取れたとしても、式場によっては同じ日に何組も結婚式をすることになるので、あわただしい思いをすることにもなりかねません。
しきたりや常識にとらわれすぎず、本人や参列者にとって都合のつきやすい日を考慮して選ぶのが一番ですが、吉日にこだわりたい場合は、早めに予約を入れ、希望の日にちを確保することが先決でしょう。
自分たちや参列者の都合を考えて 結婚式を挙げやすい日を選びましょう。
結婚式のオンシーズンは、過ごしやすい気候であり、服装もあまり考慮する必要がない春と秋といわれています。遠くから駆けつける人にとっても、外出しやすいシーズンといえるでしょう。
しかし、最近は式場や交通機関なども冷暖房完備なので、季節にこだわる人は少ないようです。
また、ジューンプライドを希望する人もいますが、日本では梅雨と重なるため、逆に式場によってはすいている場合もあります。
参列者の郡合も配慮して曜日を決めましょう。
週休2日制が普及したため、最近は、土曜日に結婚式に参列してもらい、日曜日にはゆっくり休めるようにという配慮から、土曜日を希望する人が増えています。
また、参列者のほとんどが近距離の場合は、金曜日や祝日の前日の夜に行なえば、翌日は休むことができるのでそれも1つの策です。
参列者の中に自営業の人が多い場合は、できるだけ負担の少ない季節、曜日を考えるようにしましょう。
●六輝表
六輝とは、古代中国の陰陽五行説に基づいた、吉凶を占う基準となる六つの日をいいます。
日本には鎌倉時代に伝えられたといわれ、以来、冠婚葬祭の場合は、この六輝を目安に日取りを決めることが多いです。
先勝(せんしょう) - 先んずれば勝つで、急いで準備せよという意味。午前吉。
友引(ともびき) - 元来は勝負なしの日という意味。葬式を出すと友を引くのでこの日は避けた方がいい。慶事はよしとされる。
先負(せんぶ) - 先勝にたいして、先んずれば負けの意味。午後吉。
仏滅(ぶつめつ) - 物事が滅する日の意味で、凶日。
大安(たいあん) - 全てに穏やかに運ぶ吉日。結婚式、建築の建前の日によい日とされる。
赤口(しゃっく) - 赤舌日(しゃくぜつにち)ともいう。余計なことをいって疑いをかけられるの意味で凶日。正午だけ吉。
六輝の縁起は考え方によっては逆に意味のある日取りにも
結婚などの祝いごとは、昔から「大安」にとり行なうのがよいとされ、友引、先勝がこれに次ぐ吉日とされてきました。
また、先負赤口、そして特に仏滅は凶日として避けられる傾向にありました。しかしこれらの暦法は、科学的根拠に基づいているわけではなく、現代ではこだわる人も少なくなってきました。
たとえば、仏滅に式を挙げても「あとは良くなるばかり」と考えれば、逆に意味のある日取りに思えます。

お気軽にお問い合わせください。

  • オリジナルアルバムサービス
  • アルバム一覧
  • 今月のキャンペーン
  • 写真ダウンロードサービス
  • ご来社希望のお客様はコチラ

営業エリア

東京都
渋谷・新宿・お台場・池袋・上野・四谷・八王子・府中・調布・立川など全域
神奈川県
川崎・横浜・三浦・鎌倉・町田・箱根など
千葉県
千葉・成田・柏・舞浜・市川・浦安など
埼玉県
川口・大宮・さいたま市・浦和・川越など

静岡県、山梨県、長野県など関東近辺地域もお伺い致します。

パートナー企業様募集中