結婚式の撮影なら渋谷写真館プロのカメラマンにおまかせ

土日・夜間も対応いたします!!
夜間対応は24時までとなります。

お電話でのお問い合わせ03-5738-5200

  • お電話でのお問い合わせは03-5988-9800
  • メールでのお問い合わせ
結婚の豆知識
結婚の豆知識
格式高い白無垢は人気があります。
花嫁にふさわしい清楚で厳かな雰囲気を醸し出す格式の高い礼装。すべて白色で統一した白無垢は、和装の婚礼衣装で、最も人気があります。
白色は清純無垢な清らかさを表し、「これからどんな色にも染まる」という意味があるとも言われています。
これに対して白以外の打掛のことを色打掛と呼び、金や銀、朱など、華やかな色を使った豪華な打掛は晴れの席にふさわしい装いです。
色打掛は披露宴で着るという印象がありますが、正式な式服として使用でき、打掛のように裾を引いた黒地の振袖も正式な装束となります。
現在は和装といえば白無垢や色打掛というイメージがありますが、昭和30年代頃までは、黒の引き振袖が最も一般的な花嫁衣装でした。
綿帽子か角隠しかは好みで選べます。
花嫁は、挙式のときには、綿帽子か角隠しをかぶります。
白色が、花嫁の清純な印象を一層高める「綿帽子」は、花婿以外の人に顔を見られないようにかぶったといわれており、すっきりと端正な印象を与える「角隠し」は、角を隠して素直に従うという意味をもっています。
どちらを選ぶかは、好みで決めて良いのですが、綿帽子は白無垢のみに着用し、色打掛には用いないのが慣わしです。
一方、角隠しは色打掛と本振袖に着用するのが正式ですが、白無垢にも着用されることもあり、一般的に、綿帽子は挙式の時だけ着用し、披露宴では外すのが慣わしです。
レンタルの場合でも下着と足袋は自分で用意しましょう。
大変高価な打掛などは、挙式後は着る機会もすくないので、レンタルする人がほとんどでしょう。
その際、下着(肌じゅばんと裾よけは必ず用意しておきましょう。)と足袋(自分の足に合ったものを。)は自分で用意しますが、その他のものが必要な場合もあるので、貸衣装屋さんと打ち合わせをするときに確認を。
特に、足袋、ぞうりはただでさえ履き慣れていない上に、挙式当日は長い間立っているのでサイズ選びは慎重に。

お気軽にお問い合わせください。

  • オリジナルアルバムサービス
  • アルバム一覧
  • 今月のキャンペーン
  • 写真ダウンロードサービス
  • ご来社希望のお客様はコチラ

営業エリア

東京都
渋谷・新宿・お台場・池袋・上野・四谷・八王子・府中・調布・立川など全域
神奈川県
川崎・横浜・三浦・鎌倉・町田・箱根など
千葉県
千葉・成田・柏・舞浜・市川・浦安など
埼玉県
川口・大宮・さいたま市・浦和・川越など

静岡県、山梨県、長野県など関東近辺地域もお伺い致します。

パートナー企業様募集中