結婚式の撮影なら渋谷写真館プロのカメラマンにおまかせ

土日・夜間も対応いたします!!
夜間対応は24時までとなります。

お電話でのお問い合わせ03-5738-5200

  • お電話でのお問い合わせは03-5988-9800
  • メールでのお問い合わせ
結婚の豆知識
結婚の豆知識
日中はモーニング、夜は燕尾服が洋装の第一礼装です。
洋装の場合、本来は、挙式や披露宴の時間によって着るものが変わります。
昼間の衣装で最も格式が高いのがモーニングコート、午後6時以降の夜の衣装で最も格式が高いのが黒のテールコート(燕尾服)、巡礼装は、昼ならモーニングと同じ縞のズボンにブラックスーツを組み合わせたディレクターズスーツ、夜ならタキシードを着用します。
ごく普通の規模の式なら、準礼装で十分です。
和装の正装は黒羽二重の紋付羽織に袴
和装のときの花婿の正装は、黒羽二重の紋付羽織に袴です。
紋は、黒地に家紋を白く染めぬいた五つ紋で、羽織と同様、長着も五つ紋入りです。レンタルの場合でも、家紋を印刷してシール状にしたものを張り付けるので、どんな家紋にも対応できます
袴はひだのある縞の袴で、帯はグレーかこげ茶の各帯を用意しましょう。
他にも小物として、下着、長襦袢、白の羽織日ひも、白の半襟、白足袋、白い鼻緒の畳表の草履などが必要となります。
花婿の衣装を購入する場合
花婿の衣装を購入する場合、どの程度の礼装になるスーツを持っているかがポイントになります。
すでにきちんとした礼服を持っている場合、挙式当日の男性ゲストの大半はダークスーツが多いので、グレーやベージュなど、やや薄い色目のものを選ぶと、彼らの中に加わったとき埋もれてしまわないので良いでしょう。
また、レストランウエディングなど、ややカジュアルな挙式を考えているなら、ライトカラーのものを選ぶとおしゃれであか抜けた印象になります。
礼服を持っていない、あるいは持っている礼服がそれ程高級なものでないという場合は、結婚後も冠婚葬祭用の礼服として使えるよう、仕立てが良く、高級感のある三つ揃いのものを購入すると良いでしょう。

お気軽にお問い合わせください。

  • オリジナルアルバムサービス
  • アルバム一覧
  • 今月のキャンペーン
  • 写真ダウンロードサービス
  • ご来社希望のお客様はコチラ

営業エリア

東京都
渋谷・新宿・お台場・池袋・上野・四谷・八王子・府中・調布・立川など全域
神奈川県
川崎・横浜・三浦・鎌倉・町田・箱根など
千葉県
千葉・成田・柏・舞浜・市川・浦安など
埼玉県
川口・大宮・さいたま市・浦和・川越など

静岡県、山梨県、長野県など関東近辺地域もお伺い致します。

パートナー企業様募集中