結婚式の撮影なら渋谷写真館プロのカメラマンにおまかせ

土日・夜間も対応いたします!!
夜間対応は24時までとなります。

お電話でのお問い合わせ03-5738-5200

  • お電話でのお問い合わせは03-5988-9800
  • メールでのお問い合わせ
結婚の豆知識
結婚の豆知識
形式にとらわれずふたりらしさをアピール
神や仏、または宗教に関係なく両親や親族、友人など、挙式に参列してくれた人全員を立会人として結婚を誓うのが人前式です。
古くから日本では、自宅に親類縁者を集めて挙式をするのが一般的でしたが、これは今日の人前式スタイルの原型といえるでしょう。
最近はオリジナリティーを重視し、神仏にとらわれない挙式を望むカップルが増えたことで、人前式が人気を集めています。
人前式には、こうしなければならないという形式がありません。
その為、会場は、レストランやホテル、船上などのパーティースペースのほか、テーマパークや山頂など、ふたりの思い出の場所で、席次や式の内容も自分たちの考えた演出でかまいませんが、自由の幅が広い分、手間もかかります。プランニングや準備は、友人やプロデュース会社に依頼して、サポートしてもらうと負担も軽くすると良いでしょう。
人前式の進行例
①入場
新郎新婦が入場します。立会人(媒酌人、または友人代表)が先導し、新郎新婦のあとに両親が続く場合もあります。

②開式挨拶
ふたりが席に着いたら、司会者が結婚式の開始を宣言し、立会人がふたりを紹介します。

③誓約式
ふたりが自分たちで考えた誓いの言葉(結婚誓約書)を読み上げ、婚姻届に署名・捺印します。続いて、立会人が婚姻届の立会人欄に署名・捺印します。

④誓いの杯
シャンパンやワインなどで、新郎新婦がふたりだけで、杯を交わします。

⑤指輪の交換
新郎が新婦の左手薬指に指輪をはめ、続いて新婦が新郎に指輪をはめます。交換する前に、立会人が指輪を高くかざして参列者にお披露目をすることもあります。

⑥婚姻宣言
立会人が婚姻届けを参列者に見せ、結婚が成立したことを宣言します。参列者は拍手を送ります。
参列者全員が立会人になる方法も
ふたりの誓いの言葉を書いたものが結婚誓約書ですが、それ以外に、ふたりの結婚を証明する「結婚証明書」を作成し、立会人が新郎新婦に手渡すという演出も人気があります。
参列者全員がサインをすることで、全ての人が立会人となって結婚を認めた証拠となり、新郎新婦には思い出の品として残ります。
参列した人々にとっても、挙式の立会人としての実感が湧いてくることでしょう。

お気軽にお問い合わせください。

  • オリジナルアルバムサービス
  • アルバム一覧
  • 今月のキャンペーン
  • 写真ダウンロードサービス
  • ご来社希望のお客様はコチラ

営業エリア

東京都
渋谷・新宿・お台場・池袋・上野・四谷・八王子・府中・調布・立川など全域
神奈川県
川崎・横浜・三浦・鎌倉・町田・箱根など
千葉県
千葉・成田・柏・舞浜・市川・浦安など
埼玉県
川口・大宮・さいたま市・浦和・川越など

静岡県、山梨県、長野県など関東近辺地域もお伺い致します。

パートナー企業様募集中